MTG Arenaブログ

MTG Arenaブログは、MTGや株式投資やその他の雑記です。

ヒストリック構築のソウルシスターズ その1

f:id:BicycleManga:20191123230743j:plain
f:id:BicycleManga:20191123231252j:plain

bicyclemanga.hatenadiary.jp

 

 

「こんな構築でもヒストリックで遊べます!(^^)/」

 

さてさて今回はヒストリックでのソウルシスターズの動きを紹介したいと思います。

 

 

f:id:BicycleManga:20191115191103p:plain

 

 

パッと見で強そうでないこのカード。

 

他のクリーチャーと言う所がポイントで相手のクリーチャーもカウントするので

 

1点のライフゲインを何度も行う事ができます。

 

 

f:id:BicycleManga:20191127001701p:plain

f:id:BicycleManga:20191115183903p:plain

 

 

そしてライフゲインによって強化するクリーチャー達で殴り勝つのが

 

基本的な動きとなっております。

 

更にPWのアジャニは「アジャニの群れ仲間」トークンを生み出す事が出来るため

 

安定してファッティまで育てる事が出来ます。

 

 

f:id:BicycleManga:20191122230842p:plain

 

 

回復→育てる→殴る

 

と言う動きのためクリーチャーどうしで殴りあうデッキとの相性が良いです。

 

「赤単や緑の濃いクリーチャーデッキ等々…。」

 

逆に相性が悪いのはコンボデッキやコントロール系です。

 

「運命の絆や全体除去とか。」

 

ヒストリックはカードプールが小さいため

 

パワーカードを多く入れる方が有利です。

 

ですがパワーカードの対策もそれと同じくらい有利なので

 

MTGのデッキ構築では基本ですがメインボードとサイドボード合わせて75枚で

 

しっかりと構築する事が重要になってきます。

 

「動画とか見てもらえれば分かると思いますがサイドボードが適当なので勝ち切れなないマッチがあります。今まで50戦ほどマッチ戦をしましたが、その辺を改良するだけでもう4~5戦勝てたなと言うマッチがありました。」

 

来年発売のテーロス還魂記まではヒストリックを中心で遊ぶつもりなので

 

それまでヒストリック構築のソウルシスターズの記事を書いていきたいと思います。

 

 

 

「次回は僕のデッキのカード評判をしたいと思います。(>_<)」

bicyclemanga.hatenadiary.jp